BLOGブログ

2019年10月28日

足揉みはどのくらいの時間をかけるのがベスト?避けた方がよいときは?

ブログ

足揉みは、足の裏にある反射区を刺激することで自然治癒力を高め、体全体の調子を整えるという施術方法です。足揉みを初めて受けるという場合には、どのくらいの時間施術を受けるべきなのかと疑問に思う方もいるかも知れません。そこで、足揉みの施術の受け方についてご紹介します。

1、足揉みの施術の受け方

足揉みはWHOが推奨している健康法で、日本をはじめ世界の約50の国や地域で活用されています。足揉みは反射区を刺激することで身体の不調を感じる部分を確認しながら、体調を改善して行くという施術です。

初めて足揉みを受ける方の場合痛そうなんとなく怖いという理由で力を入れてしまいがちです。自分で、どの部分が刺激を強く感じるのかを知るためにも、受けるときはリラックスした状態で受けるようにしましょう。血液の循環がよくなるように、ストレッチした後に受けるのもおすすめです。

2、足揉みにかける理想的な時間は。

足揉みでほぐす反射区は、押せばすぐに体の不調がなくなるスイッチというものではありません。じっくりと時間をかけてほぐして行く必要があります。理想的な時間は両足で1時間程度かけることですが、定期的に足揉みの施術を受けているという方の場合は、もう少し短めでもOKです。

プロの場合、時間をかけてゆっくりと丁寧にほぐしていきます。これは、足への不要な負担が。かからないようにするためと、不調のある部分をきちんと見極めるためです。慣れていない方が短時間でほぐそうと、ぎゅうぎゅう力を込めて刺激したのでは、かえって足裏を傷めてしまうことにもなり兼ねません。

2ー1 セルフケアで、行う場合は

セルフケアで足揉みを行う場合も、プロにお願いするのと同じように、丁寧に時間をかけてほぐすことが理想的です。しかし、家事や育児、仕事や学校などで忙しく、まとまった時間が取れないという方も多いもの。セルフケアで行う場合は、毎日続けることを優先ポイントにしてみましょう

反射区を理解し、今日は食べ過ぎたから胃腸をほぐしておこう。今日は肩こりがひどいから肩周りをほぐしておこうなど、ポイントを絞ってほぐして行くとよいでしょう。片足15分程度で気になる部分を重点的にほぐすことを基本とし、まとまった時間が取れるときは、ゆっくりと時間をかけてほぐすようにすれば、時間に無理がなく続けやすいのではないでしょうか。

3、足揉みを避けたほうがよい時間は

プロによる施術を受ける場合は、とても安全性の高い足揉みですが、中には足揉みを避けたほうがよいときもあります。足揉みを受ける前に、どのようなケースがあるのか、チェックしておくと安心です。

3ー1食後30分から1時間

足揉みは、基本的には1日のうちにいつ行ってもよい安全性の高い施術ですが、できれば、食後30分から1時間の間は避けたほうが良いでしょう。なぜなら、食後30分から1時間程度は、食べ物を消化するために胃腸周りの血液の循環が特に活発になっているからです。

食事の後、あまり時間が経っていない状態で足揉みを行うと、消化器官への血流の流れ込みが大きくなり、胃腸の負担が大きくなってしまいます。食後はリラックスタイムを持つようにして、胃腸が落ち着いてから足揉みをしましょう。

3-2 飲酒後すぐに

アルコールは分解されるまでに時間がかかるというのは、多くの方がご存知ではないでしょうか。アルコールを摂取した後すぐに足揉みを行うと、血流が良くなり酔いが回りやすくなってしまいます。気分が悪くなり、頭が痛くなるなどの不快な症状が強く出てしまう可能性があるため、飲食後すぐの足揉みはお勧め出来ません。

アルコールドリンクを飲んだ翌日に、二日酔いの不快な症状の改善のために症状に対応している反射区を、ほぐすことはおすすめです。胃腸や肝臓、頭痛に対応している反射区を覚えておくと便利です

3-3 生理中や手術の後

足揉みを行うと血液の流れがよくなるため、生理中や手術の後、怪我をしている場合などは、出血が多くなってしまう可能性があります。状態が落ち着くまで、足揉みは避けたほうが無難です。

3ー4寝る前は短時間で

就寝前に足揉みを行うと、リラックス効果が高そうというイメージがある方も多いかも知れません。確かに寝るときのリラックス効果は高まりますが、寝る前に足揉みを行う場合には、短時間で切り上げることをお勧めします。

4足揉みの後はしっかり水分補給を

反射区を利用して足裏から体全体の不調を改善する足揉みは、血流の流れをよくして自然治癒力を高めることを目的としていますが、血液は水分と大きな関わりがあるのをご存知でしょうか。血液は80%が水分で出来ており、水分が足りていないと血液がドロドロになってしまい流れにくくなることがわかっています。

足揉みの効果を最大限に発揮するためには、サラサラの血液にしておくことがとても大きなポイントになります。足揉みで血流がよくなると、トイレに行く回数も増え、自然と体の中の水分が奪われてしまうことにもつながります。施術の後、半日程度は、普段以上に意識して水分補給を行いましょう

5まとめ

セルフケアサロン サライではお客様の体調管理や症状改善のために、1時間の時間をかけてゆっくり、丁寧に足を揉んで、ほぐしていきます。お客様の弱っている部分などをチェック、お話しさせていただきます。

また、よもぎ蒸しをした後に、さらに効果を高める。足揉みの効果をより実感していただくために、足揉みの前にフットバスに入っていただきます。60分、足揉みのいた気持ちいい、リラックスタイムをお過ごしいただき、不快な症状を改善していきましょう。
セルフケアサロンサライ

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-3705-4547